このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

セレクター

岩崎 かおり

株式会社THE ART 代表取締役CEO
アートコレクター
幼少期から国内外でアートに親しむ生活を送る。グローバルの主要アートフェアに毎年訪れるアートラバー。(アートコレクション約200点) グローバルと日本のアートに関する格差を痛感し、海外成功事例を日本の土壌に合わせた活用や若手作家支援活動に励む。2018年文化庁主催シンポジウムに登壇。2019年にSMBC信託銀行にてアート企画推進を立ち上げ、国内銀行前代未聞となる銀行支店内に現代アート作品を一堂展示する「アートブランチ」をスタートさせる。2020年12月にアートでシナジーを生み出す社会作りを目指し株式会社THE ARTを設立。

松本 大

マネックスグループ株式会社
代表執行役社長 CEO
ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社を経て、1990年よりゴールドマン・サックス証券会社に勤務。債券為替部門を統括し、1994年、30歳で当時同社最年少ゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任。1999年、ソニー株式会社との共同出資でマネックスを創業。マネックスは東京証券取引所市場第一部に上場されており、現在代表執行役社長CEOを務める。 金融審議会専門委員、数社の社外取締役などを歴任、株式会社東京証券取引所の社外取締役を2008年から2013年まで務めた。現在、米マスターカードの社外取締役、Human Rights Watchの国際理事会副会長、エンデバー・ジャパンのチェアマン、国際文化会館の評議員も務める。

金光 修

株式会社フジ・メディア・ホールディングス
代表取締役社長
1983年フジテレビジョン入社、編成部にて「料理の鉄人」「ワーズワースの庭で」「カルトQ」「カノッサの屈辱」などを企画、フジテレビ経営企画局長などを経て2019年より現職。 かねてよりアートへの関心が高く、フジテレビギャラリーや、ギャルリー・ワタリ(現ワタリウム美術館)、原美術館などと共に現代美術を取り上げたテレビ番組等も数多く企画。株式会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズの社長も務め、新しい発想でアートの魅力を伝えるスタートアップへの支援も行っている。

中野 善壽

経営者
1967年伊勢丹入社。 1973年婦人服専門店鈴屋に入社し海外事業や商品開発担当、代表取締役専務など歴任。青山ベルコモンズの開設等にも携わる。 1992年台湾に移り中国力覇集団百貨店部門代表就任、2002年遠東集団董事長特別顧問及び亜東百貨COO就任。 2011年寺田倉庫社長兼CEOとなり、拠点である天王洲アイルをアートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた。 2019年6月に寺田倉庫を退社し、地域や国境を超えた信頼感の醸成をはかり、 東方文化を極めたいというビジョンを持つ、東方文化支援財団を設立、代表理事を務める。 2020年4月 著書「ぜんぶ、すてれば」を出版。2020年8月よりスタートバーン株式会社取締役エバンジェリストも兼務。

椎名 茂

Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.(DEA社)
CEO
NEC中央研究所でAIの研究に取り組み、多くの論文発表や特許取得を行っていたが、AIの実社会への応用を推進するため、コンサルティング業界へ転身。PwC(株)代表取締役社長、KPMGコンサルティング(株)代表取締役副社長を歴任。グローバル経営戦略立案、デジタル改革を中心に大企業のコンサルティングに取り組む。とくにAIを活用したDXコンサルティングやセミナーや講演を多数実施。最近ブロックチェーンの発展性、将来性の魅力に取りつかれ、ブロックチェーンの世界に飛び込むことを決意し、DEA社を設立。慶應義塾大学理工学部訪問教授, 日本障害者スキー連盟会長。

小池 藍

GO FUND, LLP代表パートナー
1985年東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。大学時代にスタートアップを経験後、2010年博報堂入社。その後、2012年から2015年までプライベートエクイティファンドのアドバンテッジパートナーズにてバイアウト(LBO)投資と投資先の経営及び新規事業運営に、2016年よりあすかホールディングスにて東南アジア・インドのスタートアップ投資に従事し、独立。企業への経営や新規事業アドヴァイスなども行う。2020年より日本にてGO FUNDをスタート。また、現代アートの知見を深めることとコレクション、普及に努める。2020年12月より、アートYouTube番組”Meet Your Art”のナビゲーターにも就任。

倉田 陽一郎

Shinwa Wise Holdings株式会社
代表取締役社長
オークショニア、アートコレクター
ワインコレクター、起業家、投資家
1965年生まれ 東京大学理科II類入学・東京大学経済学部卒。昭和62年 4月エス・ジー・ウオーバーグ証券会社入社。昭和63年10月以降、イギリス系およびオランダ系外資系投資顧問会社を経て平成 9年10月ミネルヴァ投資顧問株式会社設立 代表取締役就任。平成10年10月国務大臣金融再生委員会委員長政務秘書官就任。平成13年 6月シンワアートオークション株式会社 (現Shinwa Wise Holdings株式会社)代表取締役社長就任。平成22年1月Asian Art Auction Alliance Co Ltd. のManaging Director就任(現任)。平成29年 9月 Shinwa Wise Holdings 株式会社 取締役会長就任(現任)。  
2001年シンワアートオークション社長に就任以来、日本における美術品オークション取引美術品取引に携わり、2008年以降は継続的にアジアにてオークションを開催、アジアそして世界のコレクターとのアート取引を通じて、二次流通だけではなく、コンテンポラリーアーティストの発掘・育成にも注力する。

高橋 紀成

一般社団法人 国際文化都市整備機構(FIACS)理事
(株) 風土 エグゼクティブプロデューサー兼小山政彦会長室長 取締役副社長
「吾輩はプロデューサーである!」プロデューサーなんて横文字で言ってるが、日本語に直せば、「総雑用!」だろう! 要は足りないところをすべて埋めなくてはならない、、、。 そういう意味ではアーティストと別な才能が必要なのかもしれない。 アーティストがスペシャリストなら、プロデューサーはゼネラリスト! ゼネラリストはスペシャリストに憧れるが、スペシャリストはゼネラリストがいないと成立しない。 人に支えられる者、汝の名はアーティスト。時代を支える者、汝の名もアーティスト! 人を支える者、汝の名はプロデューサー。社会をも支える者、汝の名もプロデューサー! 今世では、時代に傷跡を残して生きてみようかと模索中!

施井 泰平

スタートバーン株式会社
代表取締役 最高経営責任者 (CEO)
1977年生まれ。少年期をアメリカで過ごす。東京大学大学院学際情報学府修了。2001年に多摩美術大学絵画科油画専攻卒業後、美術家として「インターネットの時代のアート」をテーマに制作、現在もギャラリーや美術館で展示を重ねる。2006年よりスタートバーンを構想、その後日米で特許を取得。大学院在学中に起業し現在に至る。講演やトークイベントにも多数登壇。

大城 崇聡

株式会社between the arts
CEO/FOUNDER
一般社団法人日本アートテック協会(JAAT)代表理事
アートコレクター

夫馬 笑奈

FUMA Contemporary Tokyo | 文京アート
マネージャー
株式会社F&F
代表取締役社長
広告代理店勤務を経て、戦後美術の異端作家を多く輩出する現画廊の三代目として美術の世界に入る。幼いころから家にはミュージアムピースが並び、バレエや映画、音楽など芸術に親しんで育つ。入社3年目の2010年にFUMA Contemporary Tokyoを立ち上げ、情熱、技術、感性を併せ持つ作家を基準に今日まで若手作家のマネージメント業務に従事している。

井浦 歳和

画商 ギャラリスト
(株)ロイドワークスギャラリー代表.
ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜プロデューサー Art and Pulse AaP 代表

居松 篤彦

アートテクノロジーズ株式会社
代表取締役
一般社団法人日本アートテック協会(JAAT)
代表理事
1978年名古屋市生。 関西大学社会学部社会心理学科を卒業後、 明治以降の近代美術全般を扱う画廊に勤務。 2015年、 戦後美術を中心とした現代美術を紹介するギャラリ ーとして、 名古屋にSHUMOKU GALLERYを開廊。 国内外のアー トフェアにも参加する。 2019年、 アートテクノロジーズ株式会社を設立。 日本アートテック協会代表理事。

竹林 陽一

株式会社レジストアート
代表取締役
月刊美術(サンアート)
代表取締役
東京大学工学部化学生命工学科卒業、米コロンビア大学大学院博士 課程中退(M.A.取得、分子生物学専攻)。モルガン・スタンレー、 ゴールドマン・サックス等にて金融商品開発に従事した後、2013年よりベンチャー業界へ転身。農業ベンチャーやアート解説コンテンツ制作会社で役員を務めた他、ハイテクを含めた幅広い業界の経営支援に携わるとともにアート振興にも従事。2018年からアーティストと作ったコレクティブ「クリエイティブ・ジャングル」を通じて、アートリテラシー向上、創造性の醸成等の観点でワークショップ活動も行っている。

井口 泰

株式会社TRiCERA 代表取締役/Founder
一般社団法人日本アートテック協会(JAAT)理事
大学卒業後、老舗音響機器製造業に入社、アジアパシフィック統括本部にてキャリアをスタートする。シーメンス株式会社に転職、医療機器の受発注に従事、プロジェクトリードとしてシステム導入に尽力。2015年株式会社ナイキジャパンに入社し2017年には日本の直営店舗サプライチェーンを統括するマネージャーとなり、グローバルプロジェクトに参画、日本国内においても複数の新規プロジェクトを立ち上げ実行する。2018年11月1日、株式会社TRiCERAを設立する。

奥岡 新蔵

株式会社TRiCERA
START ディレクター
1992年東京都出身。美術雑誌「月刊ギャラリー」の副編集長を経て株式会社TRiCERAに入社。アーティストマネジメントやコンテンツ企画を担当。

株式会社TRiCERA

メンバー推薦

松本 大

マネックスグループ株式会社
代表執行役社長 CEO
ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社を経て、1990年よりゴールドマン・サックス証券会社に勤務。債券為替部門を統括し、1994年、30歳で当時同社最年少ゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任。1999年、ソニー株式会社との共同出資でマネックスを創業。マネックスは東京証券取引所市場第一部に上場されており、現在代表執行役社長CEOを務める。 金融審議会専門委員、数社の社外取締役などを歴任、株式会社東京証券取引所の社外取締役を2008年から2013年まで務めた。現在、米マスターカードの社外取締役、Human Rights Watchの国際理事会副会長、エンデバー・ジャパンのチェアマン、国際文化会館の評議員も務める。

運営会社について

TRiCERAは2018年11月創業。「創造力に国境なんてない」を理念に、日本やアジア諸国をはじめ、世界中のアーティストが自由形式にアート作品を発表・販売出来るノーボーダーEC「TRiCERA.NET」を運営しています。

販売・プロモーション・海外配送などアーティスト個人では抱えきれない課題を解決し、世界中のアーティストがより簡単に、より安全に自らの作品とその活動を海外に展開できる世界を目指しています。
  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • Instagramアイコン
  • Instagramアイコン